バッテリー駆動車両の増加による電池材料の確保問題

ドイツ産業連盟は電池材料の枯渇と、それに伴う電気自動車に向かって進んでいるドイツの自動車産業の将来に対して警鐘を鳴らした。しかしながら、電池に使っている材料は自然界にそこそこ存在する原料であるので、鉱山の開発が進まないために資源が高騰することはあるが、中期的にみて大きな問題にならないと考える。<Automotive News Europe

記事の概要

ドイツ産業連盟(BDI)の安全保障と材料の責任者であるMatthias Wachter氏は、新聞のインタビューに答えて、

原材料供給のボトルネックになるリスクは増加している。

コバルト、グラファイト、リチウム、マンガンなどの供給が十分でなければ、ドイツでは未来の技術は存在しないだろう。

これらの材料の需要は、世界中の各国政府が大気汚染対策を強化することにより、自動車メーカーがEVを採用するのを急ぐにつれて急増する。

と、電気自動車化を進めるドイツの自動車メーカーに警鐘を鳴らした。

記事ではドイツの自動車メーカーの電動化に伴う動きを、

フォルクスワーゲン(VW):

2022年までにバッテリー駆動車に340億ユーロを投資する予定

長期的な供給契約を確保して重大な不足を避けることを目指す

メルセデス・ベンツ(ダイムラー):

2022年までに販売するすべてのモデルに電気バージョンを提供する予定

BMW:

2025年までに12の完全電気モデルで量産を達成することを目指す

と記載している。

考察

電池の原材料の資源獲得の問題提議である。

確かに、短期的(10年レベル)には資源獲得競争が起きるかもしれない。

再利用は、考え方はエコであるが、価格的に難しい問題である。

当然のこととして、価格が高騰すれば再利用が促進されるが、価格が低迷すれば再利用は赤字になるので行われない。

多分、価格の釣り合いが取れた状況になるまで、リサイクルは厳しい状況となる。

電池に使っている材料は自然界にそこそこ存在する原料であるので、鉱山の開発が進まないために資源が高騰することはあるが、中期的にみて大きな問題にならないと考える。

中野技術士事務所

BMWは中国でカーシェアリングサービスを開始

BMWは中国でカーシェアリングサービスを開始する。欧州で行っているDriveNowの中国版である。ただし、BMWのみで運営するとしている。<Automotive News Europe

記事の概要

BMWは電気自動車のカーシェアリングサービスを中国で開始すると発表した。

概要は、

名称:ReachNow
開始時期:2017年12月
車両:i3
台数:100台でスタート
場所:成都
位置づけ:北京で成功したパイロットプログラム発展形
車両の返却:決まった場所に返す必要が無し
レンタカー会社などとの協力:無し

である。

これは欧州で行っているDriveNowの中国版である。

考察

BMWは中国でもカーシェアリングサービスを開始する。

これは、中国での排気ガス問題の対応と駐車場不足の対応を兼ねた解決策であるとしている。

また、中国ではカーシェアリングに慣れているということもある。

将来において、自動運転車両が導入することも考慮に入れていると考えられる。

カーシェアリングや自動運転車両は、自動車の所有に慣れた国より、自動車所有に慣れていない国の方が浸透しやすいかもしれない。

若しくは米国のように、飛行機で移動してレンタカーを借りるようなビジネススタイルに合っているといえる。

日本においては、若年層に自動車離れが浸透しているが、自動車を離れた人間は公共交通機関を用いるので、カーシェアリングが浸透しにくい社会であるといえる。

このようなカーシェアリングサービスが環境にやさしく、道路の混雑を解消する可能性があるものだとはわかっていても、日本においては浸透しにくいものであるかもしれない。

中野技術士事務所

28/11/2017 | カテゴリー : 自動車 | タグ : | 投稿者 : 所長

BMWがバッテリーのセル開発に2憶ユーロ投資

BMWはバッテリーのセル開発に2憶ユーロ投資すると発表したが、バッテリーを製造すると決めたわけではないとしている。この投資はバッテリーのセルを知るための投資である。バッテリーを知ることは電気自動車のアーキテクチャーを作るために重要な要素となるのである。<2017年11月24日Automotive News

記事の概要

BMWはバッテリーのセル開発に2憶ユーロ投資すると発表した。

BMWによると目的は、

バッテリー・セル・プロトタイプを製造により、

セルの価値創造プロセスを分析
専門知識を収集

結果として、バッテリーセルについて完全に理解する。

である。

BMWは、バッテリーを製造するか否かに関わらず、重要な項目であるとしている。

記事では最近のBMWの電動化の動きとして、

9月のフランクフルト・オートショーでi Vision Dynamicsのコンセプトを発表。
⇒Tesla Model 3のライバルとなるiシリーズを公開。

2019年初頭に開設される新しいセンターに、さまざまな専門部署と所在地の専門知識を集中する予定

としている。

考察

BMWは電気自動車の主要要素技術であるバッテリーに関して、研究を開始するとしている。

これは、BMWが自らバッテリーを製造する事ではないとしているので、有望な技術が開発された場合には、バッテリーメーカーに供与して開発される可能性もある。

もしも、有望な技術が開発されなかった場合であっても、BMW自身にバッテリー開発の知識が蓄積されるので、バッテリー選定において大きな力になる。

このために2憶ユーロかけるということは、電気自動車若しくはプラグインハイブリッド車に大きな期待をかけているということである。

バッテリーの開発は早期に達成できるものではないが、セルの構成要素をどのようにすればどのような性能が求められるかを知ることは重要である。

それを知ったうえで、必要な性能のバッテリーを製造若しくは発注することは、電気自動車(プラグインハイブリッドを含む)というシステムのアーキテクチャーを作る上で役に立つのである。

中野技術士事務所

27/11/2017 | カテゴリー : 自動車 | タグ : | 投稿者 : 所長

BMWは車のキーをなくすことを検討-安全を考慮した実現性の検討とは?

BMWは車のキーをなくすことを検討していると、フランクフルトショーにおいてのインタビューで明らかにした。現状でドアの開け閉め等に用いているBMW Appsがあるが、これの拡張を考えているということである。ただし、ドアの開け閉めとエンジンの始動では安全に関して大きな違いがあるので、簡単に導入することはできないのである。 <Automotive News 2017年9月15日

記事の概要

フランクフルトモーターショーでBMWは自動車キーの必要性を見直していることを表明した。

BMWの販売担当役員はローターに対して以下のように述べている。

  • 顧客のすべてがスマートフォンを持ち、BMW Appsによりドアロックを解除できる。
  • 上記の点において、今までのキーの必要性は低くなっている。
  • 現状で、始動のためにキーを操作することがなくなっており、キーをポケットに入れているだけである。
  • キーをなくすことが現実的であるかについて検討している。

考察

現状のスマートキーすらなくすことを検討しているとBMWは表明している。

問題は、エンジンまでBMW Appsで動作させることについてセキュリティー上の問題である。

ドアを開けるシステムは、WEB上からのコントロールとなる。

ここでWEB上からエンジンのON/OFFが可能となると、それこそ問題である。

走行中にエンジンをOFFされてしまうと、死傷事故につながる可能性があるので、そのような事態が決して発生しないようにしなければならない。

また、整備中に急にエンジンが始動してしまったとしても、死傷事故につながる。

現状のキーレスの延長上で実現するとした場合には、OFFになる状況は考えにくいが、ONになる状況はあり得るのである、

つまり、外部からMBW Appsの通信やサーバーがハッキングされないようにしなければならないのである。

現状でもハッキングされればドアロックが解除される可能性はある。

ドアロックが解除されれば、車両が盗難される可能性もあるし、車両に積んでいる物が盗まれる可能性もある。

たとえ、走行中にドアロックを解除されても、走行速度によってその命令を無視することが可能であるから、死傷事故には至らないのである。

つまり、これは人間の死傷に関わる問題ではないので、BMW Appsの利便性と盗難の発生可能性を考慮して導入することが可能な技術となる。

この差が、現状のBMW Appsを修正するだけで簡単にエンジン始動の機能は実現できるが、導入できない理由である。

安全が実現できないから導入できないということである。

この違いが判らないと、不用意に機能を追加して安全をないがしろにすることになる。

ここで検討すべき点は以下の2点となる。

  1. 意図しないエンジンがON/OFFを行われたとしても死傷事故に至らないようにする。 当然、閉じた空間でのエンジン始動による一酸化炭素中毒も検討課題に含まれる。
  2. BMW Appsによる意図しないエンジンのON/OFFにより発生する不利益の発生確率を、ユーザーが許容できる範囲内に抑える。

1は生存権の問題であり必須事項となるが、2は財産権の問題となり利便性と天秤にかけて検討する課題である。

つまり、安全(生存権)と品質(財産権)が満たされることが必要なのである。

中野技術士事務所