ロンドンで電気自動車タクシーが数週間以内に営業開始

ロンドンのタクシーとして有名なブラックキャブが電気自動車(レンジエクステンダー)への入れ替えが数週間以内に開始される。これは、ロンドン電気自動車が製造したもので、ボルボ製1.5リッターガソリンエンジンを発電用として搭載している。双方とも吉利汽車の子会社であり、吉利汽車は将来の自動運転社会に必要な技術を着実に構築しているといえる。<Automotive News Europe

記事の概要

ロンドンのタクシーとして有名なブラックキャブが電気自動車(レンジエクステンダー)への入れ替えが数週間以内に開始される。

新しいブラックキャブの概要は、

走行距離は640km

登場人数は6人

レンジエクステンダーのためのエンジンはボルボ製1.5リッターガソリンエンジン

Wi-FiおよびUSB充電搭載

サンルーフを搭載

である。

ロンドン電気自動車(the London Electric Vehicle Company)のCEOであるChris Gubbey氏はロイターに対して、

ロンドンの黒いタクシーであることがはっきりと分かるが、すべてが新しい車両である。

アルミニウムのボディーとレンジエクステンダーEVであるだけでなく、クリーンな空気をロンドンに提供します。

タクシーは常時電動で走行し、エンジンは電力供給のみに用います。

新しいこの車両は約£55,000であるが、年間の燃料費を£100節約します。

と語っている。

ロンドン電気自動車は、アムステルダムでも高齢者や障害者向けの輸送サービスの一環として、225台の車両を導入する予定である。

ロンドン電気自動車は、吉利汽車(Geely Automobile)の子会社である。

また、ボルボも吉利汽車の子会社である。

考察

ロンドンのタクシーの電気自動車化がまじかである。

同様にアムステルダムでも電気自動車によるサービスが始まる。

吉利汽車の戦略は現状の潮流に見事に乗っているといえる。

欧州の企業が怖がるはずである。

ボルボでUberに自動運転車両を供給するとともに、電気自動車によるタクシーを展開して、将来の自動運転社会を構築する基盤を抑えている。

日本のメーカーが自前で技術構築しようとしている中で、吉利汽車は技術を導入して先に進もうとしている。

ちょうど、GoogleやAppleが工場を持たずに製品を開発する手法を行っているが、それに似た手法を自動車分野で展開しているといえる。

このままでいると、日本のメーカーはすぐに追い向かれることになるであろう。

自動車の開発生産も、自動運転技術の進歩とともに、従来の製造してユーザーに販売するという形を維持することが難しくなっている。

GMやフォードは、自動車販売の他に、サービスに今から力を入れる方向に進んでおり、それは欧州のメーカーも同じである。

このような変革期に、自動車メーカーは対応できるように自らを変革させていく必要が出ている。

中野技術士事務所