FCAはヒュンダイとの技術提携について交渉中

フィアット・クライスラー・オートモービルズはヒュンダイ自動車との技術提携に関して話し合っていることを明らかにした。この話し合いには合弁事業は含まれていないとされている。電気自動車が欲しいFCAとしては、最適のパートナーとなりえる提携である。<Automotive News Europe

記事の概要

フィアット・クライスラー・オートモービルズ(Fiat Chrysler Automobiles:FCA)はヒュンダイ(現代)自動車との技術提携に関して話し合っていることを明らかにした。

FCAのCEOであるSergio Marchionne氏は、

ヒュンダイ自動車と技術提携について話し合っているが、両者の合併協議はないし、合弁につながるものであるとは考えていない。

ヒュンダイからの部品はすでに購入しているが、他の点、特に変速機や水素の開発に興味を持っている。

と語っている。

記事では、Sergio Marchionne氏が合弁先として、長城汽車やヒュンダイ自動車に関心を持っていると報じられてきたことを伝えている。

また、分社化についても話しており、

分社化完了:

Magneti Marell:ライティング、エンジン、エレクトロニクス、サスペンション、排気ガスの部品を製造

Comau:工知能やロボット工学

来年中に分社化予定:

CNH Industrial:産業機械や商用車の製造・販売

フェラーリ:高級スポーツカーメーカー

分社化未定:

Alfa Romeo

としている。

また、ディーゼル排出ガスに対する罰金については、最近のフランス当局の主張に法的根拠はないと語っている。

考察

FCAとヒュンダイが技術協力を行うことはFCA側にとって重要なことである。

新技術に予算が取れないFCAにとって、電気自動車や燃料電池車両の技術を導入できることは利益になる。

フォルクスワーゲンの排気ガス不正以降言われていたことであるが、ディーゼルと電気自動車の両方に開発費を分配できない中小自動車メーカーにとって、他社が開発した技術を導入できることは大変助かることである。

電気自動車に向かって進んでいる現状を考えれば、技術提携相手としてヒュンダイの重要性は高いといえる。

また、ヒュンダイを経由して韓国の自動車部品メーカーからの調達も進むこととなり、FCAが問題としていた部品調達のコスト低減に役立つといえる。

ヒュンダイにとっても、開発費をかけた電気自動車や燃料電池車両の技術を他社に提供することにより、開発費の回収が図られることになる。

ある意味で、適した組み合わせであるといえる。

また、Sergio Marchionne氏は最近のフランス政府のディーゼル排気ガス問題に関しての対応に不服があるようである。

この根底には、FCAは決められたルールを守っていたのに、ルールを変更して訴えるのは不当であるとの考え方があるのであろう。

実際に、当時のルールにFCAの車両は適合しており、ルール違反にはなっていない。

問題は、ルールに規定されていない領域で、意図的に排出していたのか否かである。

これは倫理的な問題となる。

意図的に排出していたのであれば倫理的に問題が発生する。

最終的には、ある程度のところで落ち着くことなると思われる。

中野技術士事務所