Hereが無線によるソフトウェア更新の会社を買収予定

HEREは無線によるソフトウェア更新プログラムを提供するドイツの企業であるAdvanced Telematic Systems(ATS)を買収する予定であることを公表した。契約の内容は2018年の初めに公開される予定である。自動運転に関してドイツの自動車メーカーは着実にエコシステムを構築しており、日本は負けそうである。<Automotive News Europe

記事の概要

HEREは無線によるソフトウェア更新プログラムを提供するドイツの企業であるAdvanced Telematic Systems(ATS)を買収する予定である。

契約の内容は2018年の初めに公開される予定である。

HEREは、「ATSの買収は、当社がプレミアム自動車クラウドプロバイダーとして当社のポートフォリオを補完するために非常に重要な戦略的投資である」と語った。

Advanced Telematic Systemsは、すでにOTA(Over-the-Air)でソフトウェア更新を行っているTeslaに対抗する会社である。

考察

HEREコンソーシアムのスタートの初期に、HEREに出資しているダイムラー、アウディ、BMWの各社は通信のセキュリティに関してもコンソーシアムの課題の一つであると述べていた。

その答えが、Advanced Telematic Systemsの買収となったということである。

HEREは自動運転に必要な地図の作成のみならず、自動運転に必要な技術全般を扱う会社である。

ただし、それは基盤にかかわることのみであり、上位層になる部分に関しては各社が競争するエリアとしている。

HEREで取り決めたことが、ISOやUN ECEなどで自動運転の規格として提案されることは間違いない。

ある意味で、HEREは自動運転の規格を作成している会社といえなくもない。

このように自動運転に対して着実にエコシステムを構築しているドイツ企業に対して、日本ではなかなかこのような動きになってきていない。

このままでいくと、自動運転の規格はHEREにもっていかれそうである。

中野技術士事務所

03/12/2017 | カテゴリー : 自動車 | タグ : | 投稿者 : 所長