バッテリー駆動車両の増加による電池材料の確保問題

ドイツ産業連盟は電池材料の枯渇と、それに伴う電気自動車に向かって進んでいるドイツの自動車産業の将来に対して警鐘を鳴らした。しかしながら、電池に使っている材料は自然界にそこそこ存在する原料であるので、鉱山の開発が進まないために資源が高騰することはあるが、中期的にみて大きな問題にならないと考える。<Automotive News Europe

記事の概要

ドイツ産業連盟(BDI)の安全保障と材料の責任者であるMatthias Wachter氏は、新聞のインタビューに答えて、

原材料供給のボトルネックになるリスクは増加している。

コバルト、グラファイト、リチウム、マンガンなどの供給が十分でなければ、ドイツでは未来の技術は存在しないだろう。

これらの材料の需要は、世界中の各国政府が大気汚染対策を強化することにより、自動車メーカーがEVを採用するのを急ぐにつれて急増する。

と、電気自動車化を進めるドイツの自動車メーカーに警鐘を鳴らした。

記事ではドイツの自動車メーカーの電動化に伴う動きを、

フォルクスワーゲン(VW):

2022年までにバッテリー駆動車に340億ユーロを投資する予定

長期的な供給契約を確保して重大な不足を避けることを目指す

メルセデス・ベンツ(ダイムラー):

2022年までに販売するすべてのモデルに電気バージョンを提供する予定

BMW:

2025年までに12の完全電気モデルで量産を達成することを目指す

と記載している。

考察

電池の原材料の資源獲得の問題提議である。

確かに、短期的(10年レベル)には資源獲得競争が起きるかもしれない。

再利用は、考え方はエコであるが、価格的に難しい問題である。

当然のこととして、価格が高騰すれば再利用が促進されるが、価格が低迷すれば再利用は赤字になるので行われない。

多分、価格の釣り合いが取れた状況になるまで、リサイクルは厳しい状況となる。

電池に使っている材料は自然界にそこそこ存在する原料であるので、鉱山の開発が進まないために資源が高騰することはあるが、中期的にみて大きな問題にならないと考える。

中野技術士事務所